株式会社KCYは、各種美容健康機器の販売を行っています。

PYRBURST NEO(パイラバースト ネオ)

  • HOME »
  • PYRBURST NEO(パイラバースト ネオ)

PYRBURST NEO(パイラバースト ネオ)

キャビテーション、ラジオ波、トーニングの3つの機能を兼ね備えたマシーン
フェイスの場合はラジオ波で分解した脂肪を燃焼すると同時に、トーニングによる効率的な筋肉運動によってシワ、たるみ、毛穴の改善、小顔などの効果を促していきます。

キャビテーションとは

パイラバーストネオは40KHz超音波を採用してます。

キャビテーション

よく超音波機器で「1メガ」という言葉を聞きますが1メガとは一秒間に 100万回の振動です。40KHzはその25分の1の振動となり、一秒間に4万回の振動になります。振動数が少ないことで衝撃波は強く、また、体に当てた時に深くまで音波が浸透します。そのため骨に反響しキーンという音が骨伝導します。 パイラバーストネオは安定的に照射することで違和感を軽減させています。

  • 4つのモードを搭載、理想のボディへと近づけていきます。

    また、「パイラバーストネオ」のキャビテーションには4つのモードが搭載されており、使用する部位によって使い分けれます。狭い範囲を施術する時ほど動かしていても連続して照射することにまりますので、照射間隔の広いモードを使用します。必ず固定せずに動かしながらご使用ください。

    4つのモードを搭載、理想のボディへと近づけていきます。

キャビテーション3つの効果

科学的根拠に基づき、身体深部まで作用し『即効効果』を生み出す痩身メニュー

キャビテーション3つの効果

脂肪細胞を強烈に震わせ、スムーズに脂肪分解を行います。
分解された脂肪は、脂肪酸として血中へ放出されエネルギーとして燃焼、二酸化炭素と水になって排出されます。
また、音波の強力な圧力により細胞の余分な水分や周りの老廃物・リンパ液を排出・排液。脂肪細胞が小さくなりサイズダウンへとつながります。

  • ① ポンパージュ:サイズダウンの理由

    ポンパージュ効果でセルライト撃退

    ポンパージュ効果は全身の循環を活性、促進し、細胞の生命力が回復。
    むくみの改善、リフティング、皮膚深部の浄化作用により皮膚機能を改善します。

    ○筋肉を圧迫、解放を繰り返すことで、血液循環促進
    ○体内に滞留している老廃物や不用な水分を排出する
    ○細胞の活性化に必要な栄養素やホルモンを送り届ける

    ポンパージュ効果

  • ② 脂肪分解の理由

    痩せたい部分の交感神経を刺激

    脂肪の分解はカテコールアミンを分泌させることでおこなわれます。キャビテーションで痩せたい部分の交感神経を刺激し、交感神経末端や副腎臓質から脂肪分解に必要なカテコールアミンの分泌を促進させます。

    《カテコールアミン》とは … ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン

  • ③ 脂肪燃焼の理由

    脂肪層内・筋肉層内の脱共役蛋白質ファミリー(UCP)を活性化

    脂肪細胞内や筋肉層にある脱共役蛋白質ファミリー(UCP)を活性化させれば、分解された脂肪を燃焼しやすくなることが分かっています。

キャビテーション3つの効果の流れ

  • ① ポンパージュ作用

    ポンパージュ作用

    キャビテーションによって脂肪分解が始まると同時に、脱共役蛋白質により脂肪燃焼をおこなう。
    また、圧力作用でリンパ液・老廃物が流れセルライトが押し流される。

  • ② 脂肪分解・燃焼

    脂肪分解・燃焼

    脂肪細胞の縮小化と老廃物の排出によりサイズダウンし、さらに環境が整います。

  • ③ サイズダウンへ

    サイズダウン

    環境が整うことにより、サイズダウンのみではなく、むくまない環境を作り、さらに生命活動全般がスムーズになることでお肌自体が潤い透明感が出ます。

ラジオ波とは

ラジオ波(RF)とは ~ ボディ・フェイシャル施術 ~

ラジオ波とは

ラジオ波とは電磁波の一種です。電気工学における定義では、無線通信用に利用される電波(10kHz~100GHz)のことを言います。
電波はその周波数から、長波・中波・短波・超短波・極超短波・ミリ波に分けることができ、極超短波はMicro Wave(マイクロ波)の領域があり、電子レンジなどに利用されています。医学分野で利用されているラジオ波は300kHz~6MHzの高周波です。

ラジオ波の特長

ラジオ波(RF)の特長

ラジオ波とは

RF(ラジオ波)は、電極間の最短距離を流れようとする特長があります。
電極間を放射線状に流れますが、放射線の幅は電極間の二分の一になるといわれています。

RFを生体組織に流した場合には、RFの特長と生体組織の電気抵抗によってエネルギーの流れやすい部分が決まり、そこで発熱するのがRFを利用した美容医療分野の治療機の特長です。

ラジオ波(RF)の使い方

『パイラバーストネオ』は1MHzを搭載しています。高出力でパワーがありますので、お肌に当ててすぐに熱が発生し脂肪分解を始めます。スタート時は、お肌にプローブを当ててからスタートボタンを押し、必ずお客様に確認しながらレベルを上げてください。

スタートしたら必ず固定せずに動かしながら、流して下さい。

プローブが大中小3通りご用意しておりますので、施術部位に合わせてプローブを使い分けてください。

ラジオ波とは

トーニング

トーニングとは ~ フェイシャル施術 ~

トーニング

toning:toning up の意味で、調子を上げる、元よりアップさせるということ。
『パイラバースト』のトーニングとは、低周波を利用したトリートメントです。低周波とは 1~999Hzの間の周波数をもつ電気のことで、この周波数の電気を筋肉に流すと、意識とは別に筋肉が収縮運動を起こします。電流が通っている間は筋肉が収縮、通電を止めると筋肉は弛緩するという仕組みです。

『パイラバースト』は20Hz前後の低周波を用い、30種類以上ある表情筋を動かし、ラジオ波で分解された脂肪の燃焼を促します。

30種類以上ある表情筋を動かし分解された脂肪の燃焼を促す

表情筋は通常の生活では全体の30%しか使っておらず、無表情で筋肉を使わなかったり、加齢などが原因で衰え、衰えた表情筋は今まで保っていた顔のハリなどのバランスを崩しシワやたるみの原因になります。たるみが毛穴を目立たせたり、どんどん老け顔を招くきっかけになります。

普段動かさない表情筋を鍛えることで、お顔のリフトアップ、シワ、たるみ、毛穴などを改善し、小顔にしていきます。

トーニングはラジオ波の後に行うとより効果的

トーニングはラジオ波の後に行うとより効果的なメニューとなっております。ラジオ波によって分解された脂肪をトーニングの筋肉運動によって燃焼させながら、リフトアップも同時に行えます。部位や使用方法によって3つのモードから選択して施術してください。

MODE:A 目の周りに使用
MODE:B 一箇所を集中的に使用する場合に使用
MODE:C 常に動かして使用する場合に使用

PYR BURST NEO パイラバーストネオ の特徴

PYR BURST NEO パイラバーストネオ の特徴

商品名 パイラバーストネオ
(キャビテーション・ラジオ波・トーニングの一台三役痩身機器)
本体スペック ◆本体サイズ:約330mm×220mm×170mm
◆本体重量 :約7kg
◆定格電圧 :65W/100V/50-60Hz
キャビテーションプローブ
直径6.5cm/重量785g/出力40KHz
MODE [A.B.C] Level[0-16]
ラジオ波プローブ(大)
直径5cm/重量480g/出力1MHz/LED付
Level[0-16]
ラジオ波プローブ(中)
直径2.8cm/重量205g/出力1MHz/LED付
Level[0-16]
ラジオ波プローブ(小)
直径2.6cm/重量80g/出力1MHz
Level[0-16]
トーニングプローブ
直径2.6cm/重量80g/出力20Hz
MODE [A.B.C] Level[0-16]
価 格 メーカー希望小売価格 880,000円(税別)
サロン価格はお問い合せください。

記載商品以外も、お気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら

取り扱い美容機器

  • BEAUTY HI-Q あなたのエステを劇的に変える!
  • HI-SPOT クライオポレーションCEP導入
  • 正宗eins 超高周波クワトロ総合痩身理論 「UHF-QSM」
  • 村正eins 皮下単点照射式温熱超音波「MAUS」
  • PYRBURST NEO キャビテーション、ラジオ波、トーニング 3つの機能を装備した複合機
PAGETOP
Copyright © 美容機器の販売 株式会社KCY All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.